雑記?

アクセスカウンタ

zoom RSS 出来た。

<<   作成日時 : 2016/04/26 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

草履が欲しい瑠璃さんです。ちゃんとした所で買ったほうがいいんだろうなぁ。

今日は休みだったのでライフル型スリングショット1号機改改改…どのくらいだ?の試射に行ってきました。まぁ、いきなり機関部大破で2射しか出来ませんでしたが!


はい、懲りずにこの話題3回目。いい加減、私が飽きてきましたw


ではちまちま作ったグラフでも…

画像


あ、隼はおまけです。艦載機シリーズの中に何故か入れてしまいましたw


しかし、何と言いますか…F4Uコルセア、飛びますねー。もっとも、積んでるガソリンも半端じゃ無いですが。零戦二一型のみ米軍資料が見当たらず、日本資料なのですが、まぁ、問題無いでしょう。どうせ資料によって数字が違いますし。
後は全部米軍の調査資料です。
F6Fもあんまり航続距離伸びてない気がしますど、こいつあのティニー・ティムロケットと1200リットルのガソリン担いで2000キロ飛んできますからね。


米軍機の航続距離がえらい伸びてますが、これどうやら巷に出回ってる「最大航続距離」は機内のメインタンクのみで飛んだ場合のデータのようです。補助タンク込みのデータは何故かほとんど見られません。フル満タンにガソリン積んでない相手と比べても…ねぇ…?

ドロップタンクも色んな規格が有りまして、
F4Fは58ガロン、F6Fは100ガロンか150ガロン。F4Uは150ガロンか175ガロンを。零戦は320リットルか330リットルを使っていた様です。隼は200リットルみたいです。もっと小さい規格も有るかも?よく解りませんな。



色んな資料を見ると、単位を統一していない事の不自由さが身に沁みました。ガロンも英ガロンと米ガロンで違うし、マイルも何種類も有ります。おまけに米軍は戦争中期頃まで法定マイル (Statute mile)の資料が多いんですが、後期頃から国際海里 (International nautical mile)も使うので更にややこしく…
更には同じアメリカ側の資料でも数字が異なる事も多々あり、ホントに目安にでしかないんだと感じました。タンク容量ですら食い違うんですもの…


まぁ、この様に零戦は飛び抜けた航続距離を持っていた訳でも、米艦載機の行動範囲が狭かった訳でも無い。と言う事がお解り頂けたかと思います。

零戦、案外大したことないのね…。
次は…もうやらないかも。結構飽きてきましたんで。


ではでは



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出来た。 雑記?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる