アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
雑記?
ブログ紹介
私、瑠璃の雑記メモみたいなものです。思いついたままに書いてます。
zoom RSS

Canon 110ED

2017/11/07 12:04
最近防湿庫の購入を本気で考えている瑠璃さんです。
ドライボックスが増えてきて管理が面倒くさくなってきた…

戴き物の「Canon 110ED」で撮ったフィルムが上がってきました。今現在日本で何箇所が現像できるんだろう…?



画像


画像


画像


画像


画像


ふむ…13×17mmの割には綺麗に…ってAuto110の時も似たようなこと言った気がしますな。
しかし、この110の8%の面積しか無い1/3サイズのスマホのカメラが遥かに綺麗な写真を撮ることを考えると凄い時代になったんだな、と思いますね。

全くの余談ですが、”中版デジタル”とやらの「中版フィルムと殆ど同じ大きさ!」って謳い文句に違和感があるのは私だけでしょうか?中版フィルム(645)の62%程度の面積で「同じ大きさ」は無理が有るだろ…つか645は中版の中でも「セミ版」と呼ばれていて、言うなればハーフサイズな訳で代表的な大きさじゃ無いんですけど?67相手だと面積比38%…何が同程度の大きさだよ…

脱線終了。
年代物のレンズですが、大きな変色等も無く普通に使えますね。
もっとも、スキャン後はがっつりレベル補正掛けたりトーンカーブいじったりしてますが。
ただ、ハーフミラーが殆ど見えないレベルで機能していないので、ピント合わせの難易度が尋常じゃなく高いですw暗い所だと辛うじて見えるかな?
おまけに二重像が縦にズレているので、なんとも使いにくかったです。まぁ、無限遠で撮るには問題ないんですけどね。

そろそろMZ-5の試し撮りをしたい所なのですが、フィルムに対応したレンズがM42の物が一本有るだけなんですよね。なのでAF大前提のカメラでMF撮影やってきます。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(12)

2017/11/07 10:41
リアルが色々あって忘れていましたが、まだ北海道ツーリングを最後まで書いてなかった…


9/12

朝から普通に大雨で知らない土地を走るツーリングには最悪の天候でした。目的地の小樽までは20km程なので全く問題ない…と思ってたんですがねぇ…

取り敢えず小樽駅前の三角市場へ。朝食に海鮮丼を食べてお土産を物色。
この時点でこの日の予定は殆ど終了。現在9時前…
他のお土産でも探しますか…

で、目の前に土産物屋が並んでいるのに、適当な道の駅を探して南下を開始。途中で立ち寄った毛無山からの絶景がこちら。
画像

半端じゃない霧で10mと離れていないパシフィックコーストがご覧の有様…
画像


前も後ろも全く見えない状態での峠越えは恐怖体験そのものですな。当然前の車のブレーキランプも後ろの車のヘッドライトも見えませんwそんな状態で50km巡航…死ぬかと思いましたよ。

死ぬ思いで峠越えしたものの、見つけた道の駅では満足な土産物が見つからなかった為Google先生で検索。小樽駅の目の前にあったやん…
もう一度濃霧の中を峠越え。泣くよ?

泣く泣く帰ってきて、小樽駅から800m程の所にある「小樽市観光駐車場」に停めて観光開始。目の前やん…
小樽運河付近は結構な雨にも関わらず観光客で賑わっていました。観光地だなぁ。
で、適当に土産のお菓子を買って適当な店で昼食。雨で色々とどーでも良くなっているのでかなり適当に行動してます…

現在14時。フェリーが出るのは23:30…。暇だし途中で見かけた「ステンドグラス美術館」のステンドグラスでも見に行きますか。
あ、結構な数の写真を撮ったんですが、権利的な物に引っかかると怖いので写真は無しで行きます。
内容としてはキリスト教が題材のものが多かったです。解釈が微妙な「…どうなんだろう?」な代物も有りましたが、なかなか面白かったですよ?
二階のそれこそ微妙な場所に一枚だけ奇跡の脳筋娘ことジャンヌ・ダルクが題材の物が展示してありました。何でここに…

ステンドグラスを一通り眺めて出てくると15時。…暇なのでコインランドリーに洗濯に行きます。Google Mapsによると近くで設備がちゃんとしてるのは…札幌!?どうせ時間はたっぷり有るねん。行ったるわい。

で、洗濯を終えて小樽に帰ってきたのは18時過ぎ。日も落ちたことですし、早すぎるとは思いつつフェリーターミナルへ向かいます。

北海道最後の食事
画像


この後LINEでスリーブバルブエンジンについて議論すること3時間。いつの間にか搭乗時間が来たので乗り込みます。

さらば北の大地
画像



画像

© OpenStreetMap contributors

この日の走行距離:128km


戦利品
画像


ご存知”ホクレンフラッグ”。9/30までのキャンペーンなのに、私が上陸した9/3日時点で殆ど終了しておりました…辛うじて買えたのがコレ。鹿じゃなくて良かったww




今回の北海道ツーリングで掛かった費用は約30万円。
どんぶり勘定で大体…

出発前のバイクの点検・修理代     60000
ホテル代                   70000
ガソリン代                  17000
食費                      40000
お土産                    45000
フェリー代                   55000 
なんやかんやの雑費            15000
 

修理代が全くの想定外で、かなり痛手でしたね…「10万超えます」とか言われてツーリング計画自体が終了しかけましたし。ハーネス修理だけで治ったので何とか成りましたが、タイヤやクーラント、各種オイル交換で結果的に結構吹っ飛びました。

今回は全部ホテルに泊まりましたが、キャンプ場多数あるので次回はキャンプ泊でもいいかな?と思います。ホテルって高いですしね。

ガソリン代が思ったより掛からなかったです。北海道が長距離長時間の高速巡航が当たり前の広すぎる土地なので、案外ガソリンが減らないんです。
「国道だけ走っても100km以上スタンドが無い区間が有る!」燃費が悪く、タンク容量16Lのパシフィックコーストでも無補給で300km走れるんですよね…。今回のツーリングではスタンドの心配は全くありませんでした。夜間や祝祭日だとやってないスタンドも多く全く違うのでしょうが、平日の日中に走る分にはそこまで心配しなくてもいいと思います。それでも本州よりは確実に少ないですけどね。

巡航速度が本州の倍は出ます。なので200kmを午前中に移動してしまうなんて事もあります。ルートにもよりますが、私の場合一日350km程度なら余裕をもって移動できました。実際、午後からスタート+がっつり寄り道でも250km走って夕方にはホテルにチェックイン出来ましたし…


総走行距離は2600km。観光地を回ったりしたので案外走ってないですね。鹿との事故で羅臼や根室方面をバッサリ切り捨てたのも大きいかも…。



延べ14日間、実質10日の北海道ツーリングはこれにて終了です。
いいですよ?北の大地。

ですが、事故が多いのもまた事実。今回帰りのフェリーでご一緒した方々も何人も鹿と事故した方が居られました。中には吹っ飛んで死にかけた方や、何mも引きずられたと言う方も居て、普段走り慣れている本州とは違う環境なんだと改めて思わされました。
しかし、その点を加味しても北海道は魅力の多い土地です。また行ってきたいと思います。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(11)

2017/10/17 13:33

9/11

薬のお陰か、朝から絶好調。今日は一気に余市まで駆け抜けます。
来た道を引き返す形で函館から北上しているのに見覚えのない景色が広がっておりました。ほとんど意識無かったからなぁ…


途中、路肩に蠢く茶色い物体(蝦夷鹿)にビビりながら14時には余市のホテルに到着。そこから徒歩で10分位でしょうか?本日の目的地がこちらです。

画像


中は結構いい雰囲気です

画像


ここではウイスキーの試飲が出来ます。今回は「アップルワイン」「スーパーニッカ」「竹鶴」の三種類が試飲できました。

画像


グラスが空なのは全て私の胃に入ったからです。(全部飲んでから写真撮ってないことに気付いたw)

売店でお土産を買ってこの日は終了。
しかし、ツーリングで飲もうとすると、極端に行動が制限されますね…もう少しスケジュール管理をしっかりとやるべきでした。

画像

© OpenStreetMap contributors

本日の走行距離:242km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


110

2017/10/12 16:05
最近鳩尾の辺りに半端じゃない違和感と軽い痛みがあるなー、と思いながらも無視してたんですが、どうにも治まらないので病院行くと胃潰瘍と診断されました。
まぁ、ここんところストレスが半端じゃなかったですしね。


現像に出していた110フィルムが帰ってきました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


ふむ。小さい割に結構写りますね。オレンジの斑点は使用したフィルム「Lomography Color Tiger 200 ISO 110」の特徴だそうです。おいおい…

次はCanon 110EDでも試してみましょうか。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(10)

2017/10/08 17:34
Lomographyの110フィルムを買ったのでPENTAX Auto110が復活。大歓喜の瑠璃さんです。
Auto110、滅茶苦茶楽しいカメラですねー。現像に時間が掛るのが難点ですが…



本題

9/10

朝起きたときから体調はイマイチで、軽い頭痛・倦怠感・目眩等、むち打ち症の諸症状が出ていました。取り敢えず当初の目的地&病院のある函館に向かいます。

が、順調に130km程走った辺りで体に異変を感じたので道の駅で休憩を取ります。
駐車場にバイクを停めた後全く動けなくなり、うずくまること数分…やっとの思いでトイレに行くも頭痛と吐き気が限界でした。
とは言え、救急車呼んだら後が面倒くさいし、残りの距離もたかが40km程度(北海道の40kmはすぐそこですw)なので、気合で走ることにしました。
この辺りから頭痛・吐き気・倦怠感・手足の痺れに激しい眠気が加わり、控えめに言って地獄でしたね…。道の駅出てからの記憶がかなり曖昧なのでホントに寝てたんでしょう。よく死ななかったな…

なんとか函館に入り、「函館市夜間急病センター」に行ったのが間違いでした。ここ、夜間しかやってないんですね。てっきり”休日夜間”だと思い込んでいたので、受付の無愛想なガードマンに追い返されます。「何でこの時間に来るの?」とか「休日はココ(地図を指しながら)こっち行って」とか最上級の無愛想さで対応してくれました。…いや、こっちは急患だよ?その対応はなんなん?
詳細を聞きにもう一回受付に行くとスマホ片手に死ぬほど面倒くさそうに対応してくれました。…あのガードマン、直ちに解雇すべきだと思います。普通に殺意が湧くレベルの糞対応でしたよ。

で、這うようにして紹介された病院に行き、なんとか治療を受けられました。頚椎捻挫(むち打ち症)との診断でした。しばらく病院のベッドで休ませて頂き、動ける様になったのでホテルに移動。薬が効いたのか、この頃には症状は殆ど治まっていました。薬ってすげー。


夕方には観光できる位に回復したので、少しだけですが函館観光に繰り出します。

画像


やってきたのは屋台(っぽい店)いっぱいの”大門横丁”こんな感じの店が一杯有りまして、なかなか素敵な空間になっておりました。
鎮痛剤やら吐き気止やら飲んでますので、アルコールは飲んでませんが、バリバリの飲み屋で夕食です。
隣の席のおっさんと岡山の津山の話で盛り上がり、岡山県民として妙な縁を感じた夕食でした。

さて、時刻は19時過ぎ。函館に来たからには行きましょう。「100万ドルの夜景」こと函館山からの夜景です。

画像


画像


この時持って行っていた”ヤシカ エレクトロ35 CCN”の電池が接触不良を起こしている事に気付き、観光客でごった返す中まともな明かりも無い状況で電池交換したり、電池蓋の金具を曲げたりして必死に格闘していました。

で、格闘の末に電源の回復に成功し撮った写真がこちらです。

画像


三脚を持って行かなかったので手持ちですよ。シャッタースピードは1秒位でしょうか?手すりは妙なRがついておりカメラの固定には使えず、半泣きで夜景の手持ち撮影(フィルム)と言う暴挙に。ISO100ですよ?

展望台にはカメラマンが居て、「夜景をバックに写真を撮りませんか?」ってやってました。当然観光地価格です。具体的には120フィルムが5本は買えそうないい値段でした。それでも撮ってもらっている方は多かったですけどね。

「なんでしたらそのカメラで撮りましょうか?」
…これフィルムのカメラですよ?
「あ…フィルムは使い方知らないんで無理ですね…」
いやいやいや、あんたプロのカメラマンだろ!?ピント合わせてシャッターボタン押すだけだよ!
最近はプロでもフィルムを扱えない人が居るらしい。とは聞いていましたが、ここまでとは…

さて、1時間程夜景を楽しんだので下山します。上りは駅からバスで来たので、帰りはロープウェイで下山し、バスで駅まで帰ります。ロープウェイの車内(?)は9割方が中国語を話す方々でした。有名な観光地とは言え、ここまで多いとは…



当初の予定では保存船”摩周丸”と五稜郭を見に行く予定でしたが、体調不良でそれどころではなくなったのが無念で仕方ありません。また次回ですな。


明日は余市まで行き、ニッカウヰスキーの工場見学に行きます。

画像

© OpenStreetMap contributors


本日の走行距離:179km

ではでは
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ちょっと北海道行ってきた(9)

2017/10/02 15:50
9/9


朝起きても右肩の筋肉痛は治っておらず、どうにもならないので湿布張って出発します。痛いだけなので放っといてもいいかな?

取り敢えず宿泊予定の伊達市まで行きます。
海岸線を走っていると海沿いにレールが見えるものの、妙に傷んでいるのが気になり適当な駅に行ってみると…
画像


これは完全に使われいない路線ですね…

どうやらこれは「JR日高本線」で、2015年1月の強力な低気圧による高波被害、同年9月の台風17号、2016年の複数の台風で大被害を受け復旧が出来ていないまま廃線濃厚な路線なんだそうです。
北海道にはこのような路線が多く、残骸となった線路は見ていて悲しくなります。私個人としては復旧して欲しいと思いますが、費用が冗談のようにかさむそうで、廃線も仕方ない事なのかもしれませんね…

さて、取り敢えず伊達まで行く。と走っていましたが、”地球岬”なるものが気になり寄り道します。

画像


なかなか良いところですよ?これ。
なんでも、アイヌ語の「ポロ・チケプ」が「チケウ」になり「チキウ」になり「地球」になったんだそうで…。原型が全く残ってないやん。

画像


灯台の下、花壇?の所の「118」は海上での事件・事故の緊急通報用電話番号で、「もしもの時」はここに電話しろよ?って意味だそうです。えぇ…

近くに”観測山”なる山があるそうなのでついでに行ってきます。

画像


なかなかの眺めですな。
展望台にはデジタル中判に対戦車ミサイルかな?ってレベルの超望遠レンズ付けて一心不乱に民家を狙っている中年のおっさんが居ましたが、きっと妖精か物の怪の類でしょう。関わると結構な確率で面倒な事に巻き込まれそうなので無視します。通報くらいはした方が良かったかな…

画像


中央に見える大きな白鳥大橋を通って伊達市に向かいます。


で、ホテルに到着して夕食を食べ終えた頃、私はフロントで病院の手配をしていました。むち打ちの症状がどうにもならないので医者に診てもらおう、と言う訳です。
「救急でしたら室蘭か函館ですね…」室蘭は分かるとして、170km程離れた函館が当たり前のように出てくる所に北海道らしさを感じましたね。
岡山の住人に広島や大阪の病院を紹介する様なもんですよ?北海道すげーなwww

明日には函館まで移動せにゃならん訳ですし、明日函館の病院に行ってきます。まぁ、なんとかなるでしょう。

画像

© OpenStreetMap contributors


本日の走行距離:178km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(8)

2017/09/29 15:49

9/8

朝起きたら熱も引いて風邪らしい症状は殆ど消えていました。やれやれ…

ホテルで無料の「軽食」と言う名のちょっとしたバイキングを堪能して出発です。あれ絶対採算合わないと思う…

昨晩泊まったホテルには駐輪場が無く、裏の物置的な所に停めていた為外に出るとパシフィックコーストはずぶ濡れで御座いました。夜に雨降ってたからなぁ。
バイクが雨に濡れる事については「シートが濡れて不快」程度の認識なので、別にどーでもいいのですが、右のミラーを貼り付けているガムテープが剥がれかかっているという事が問題です。
しかも、ガムテが剥がれかかっている事に気付いたのはホテルを出て10km程走った所。慌ててホームセンターに駆け込んで…

画像


これを

画像


こうしました。
屋外用補修テープ(グレー)なるものがあったので即購入。
ガムテープより強固に張り付いてくれますし、破損箇所が目立たなくなりました。やれやれ…


当初の予定では、襟裳岬に行く事にしていましたが、体調的にまだ無理は出来ない事と、釧路の友人が「天馬街道走れ。The北海道!な光景が見れるから」との助言(?)に天馬街道を抜けて少しショートカットして日高を目指します。

途中「鹿に注意」の看板にビビりなが進みます。そして途中路肩付近をウロウロする鹿を何度か目撃…マジで勘弁してくださいwww

峠をこえて見えてきたのは…

画像


サラブレッドですかね?
日本の競走馬の牧場の7割が日高にあるそうです。こんな牧場が延々と続きます。確かにこれは北海道らしい風景ですよ。

そんなこんなで海まで出てきました。ホテルまであと50km。襟裳岬まで40km。そして現在時刻は11時半。
…昼食食べて襟裳岬行きましょう。体調も良いし、時間的にも問題無い。比較的町中ですし、鹿の心配も無いでしょう。


で、やってきました襟裳岬

画像


風強っ!
天候的にはかなり条件が悪いですね。ご覧の通り、雨が降る3秒前みたい空ですし…
野生のアザラシとか見れるみたいですが、空が気になってそれどころじゃないw
実際、この後5分程して普通に雨が振りました。ついでにしばらく海岸沿いを走るのですが、当たり前のように高波が打ち付けるので結構な波を被りながら走りました…

そんなこんなで濡れ鼠になりながらホテルに到着。風邪ぶり返さなくてよかった…

夕食はシシャモの刺し身を頂きました。

画像


あ、よく考えたら人生初のシシャモですわ。え?スーパーで売ってる?いやいや、あれはシシャモではありません。カペリンと言う全く違う魚です。似て非なるものです。
シシャモの刺し身、美味しゅう御座いました。

さて、この日妙に方が凝っていました。具体的言うとガチで首が回りませんでした。ついでに右肩が激しい筋肉痛で腕が上がりませんでした。
はい、そろそろ出てきますね?むち打ち症です。この日は「ただの筋肉痛!」と自分に言い聞かせて湿布貼って寝ましたが、そんなもんで治るなら苦労しない。実際、2日後に死にかけます。

画像

© OpenStreetMap contributors


おまけ
画像


襟裳岬の近くにあった標識ですが、奴らはホントにこんな感じで雄を先頭に数匹が時間差ランダム体当たりを仕掛けてきます。十分気を付けて走って下さい…



本日の走行距離:322km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(7)

2017/09/26 14:45
少し予算的に余裕が出来たので嬉しいやら悲しいやらの瑠璃さんです。

愛車パシフィックコーストの修理のため、パーツを求めてあちらこちらに手を回しましたが何一つ純正パーツは手に入りませんでした。
生産元のホンダも全て在庫切れ。赤男爵のリサイクルパーツも一点すら無く、全ての破損箇所を社外品で代用or破損箇所の修理(パテを盛って塗装等)とするしかないようです。
幸い、目立つ箇所はほとんど無いので別にいいんですけどね。


本題

9/7

朝起きて飯食って体温測ったら37.6度。さすがにこれはマズイと、近くの薬局へ。運転があるので漢方薬を買ってみました。期待していなかったのですが、これが効いたのか2日後にはキレイに治りました。まぁ、その頃にはむち打ちで死にかけるんですが…

先日行き損ねた屈斜路湖に寄ってからスタートです。

画像


8時過ぎと早かったせいか観光客も殆ど居らず、快適に回れました。
そして突然現れる「和琴温泉」

画像


向こう側のキャンプ上から丸見えという、なかなかにクレイジーな立地条件にも関わらず入る方は多いとのこと。
流石にそこまでの勇気はないので、手だけ浸して退散…
さらに奥には屋根付きの温泉も有るのですが、そちらも入らずに撤退。一応病人ですからね。

1時間ほど散策&休憩して摩周湖に向け出発です。

画像


霧の摩周湖…って普通に晴れてるやん。どうやら霧が多いのは6月と7月であるとの事。

どうにも体が重いので売店でリポD買ってドーピング。まいったなこりゃ…
計画では羅臼か納沙布岬まで行く予定でしたが、止めといた方が良いですな。無理して再び事故でもしたらあまりにも阿呆らしいですからね。
無理せず釧路まで行ってホテルで休むことにします。
とは言え、そのまま直行するのも悔しいので、釧路市湿原展望台を経由してホテルを目指します。

で、展望台まで来たはいいものの、妙な団体様が大挙して押し寄せておりまして…あまり近づきたくなかったので、回れ右して釧路市街地へ向かいます。

途中コインランドリーで洗濯してからホテルに到着。時刻は14時半。私ツーリングで結構いろんな所に行きますが、こんなに早くチェックインしたのは初めてです。

この後18時まで爆睡。19時に友人に会う約束があるので重い体を引きずって出撃。「晩飯は帰ってから近くの店に行けばええか…」とか思ってたんですが、結局友人宅でご馳走に。有難うございます、お世話になりました…

22時頃ホテルに帰還。この辺りから風邪が良くなりまして、翌日にはほとんど治ってました。

明日は日高まで行きます。


本日の走行距離:145km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(6)

2017/09/24 18:18
戴き物のコニカ ビッグミニ(初代)、電池入れたら全機能生きてました。やったぜ!
で、テストフィルム入れて裏蓋閉じたら撮影枚数表示が消えてるではありませんか。おかしいな?と思い再度裏蓋を開けると、フレキが真っ二つになっていました。
どうも先程止めを刺した様です。なんということでしょう。
まぁ、強制フラッシュoffとか出来ないだけなんで大した問題では無いんですがね。

そんなこんなで少々凹んだ瑠璃さんです。折角デート用のCR2025買ってきたのに…


本題


9/6

宿泊したホテルの目の前に「初代ガリンコ号」があったので取り敢えず寄り道。

画像


大きなアルキメディアン・スクリューが特徴の砕氷船です。元々は実験艦「おほーつく」ですが、紋別市へと傭船された時に「ガリンコ号」に改名。世界初の流氷砕氷観光船だったそうです。

画像


現在は後継機の「ガリンコ号II」が運行中との事ですが、今回はパスして次行きます。



さて、やってきたのはサロマ湖の龍宮台展望台。先日宗谷岬で見かけたバイクが何台か居ました。やっぱり考える事は同じみたいですな。

画像


左がオホーツク海、右がサロマ湖です。と言っても、この少し先で繋がってますけどね。

特に見るものも無いと判断し、オホーツクラインを突き進みます。能取湖・網走湖の湖岸をひた走り…

画像


やってきました網走監獄。
歴史資料としてもなかなか興味深く、大いに楽しめました。人気メニューの監獄飯を食べに行ったはずなのですが、気がつくと「オホーツク網走ザンギ丼」を食べていました。ザンギが美味そうでつい…

さて時刻は13時過ぎ。今日の宿泊ホテルの近くの屈斜路湖をゆっくり観光しますか。と、出発したのですが、途中で標識の「阿寒湖」の文字が。ふむ、時間に余裕があるしマリモでも見に行くか。と寄り道決定。
…これが今回のツーリング最大のトラブルの原因でした。


16時頃でした。山道を気持ちよく流していました。ナビの阿寒湖まであと8kmとの表示を確認し、目線を前方に戻すと奴が居たのです。目の前1m程の所に…
蝦夷鹿です。季節は秋、体重は最大の100kg程まで増えている事でしょう。そんな大型の獣が突然飛び出してきたではありませんか。余談ですが奴らはパニックになると”光るもの”に向かって全力疾走します。この場合我が愛車パシフィックコーストのヘッドライトですね。
…はい鹿轢きました。まぁ、轢いたと言うより接触事故に近い感じでしたが。
当たったのはスクリーンから右のミラー&ウインカーのユニット・エンジンガードもかけての辺りです。パシフィックコーストのミラーには事故時に脱落を防ぐ”命綱”的なワイヤーが付いているのですが、一切機能すること無く吹っ飛ばされました。ついでにミラーユニット取り付け部のフレームが陥没していました。当たり前ですが、真横からの衝撃には弱いようです。
私自身も腕に鹿の頭が直撃したので軽い打撲を負いました。

ぶち当たってきた鹿はしばらくうずくまっていましたが、少しすると山を駆け上がって逃げていきました。骨折等はしていないみたいですね。

幸いにも走行系は無傷だったのでツーリング再開です。え?ウインカーですか?しばらくは手信号で走り、途中のスタンドでガムテープ借りて貼り付けて走りましたよ。派手に吹っ飛んだ割には電装系はほとんどダメージも無く、カプラー繋いだらウインカーは復活しました。

画像


キレイに吹っ飛ばされたウインカー&ミラー。シートの上に転がってるのが吹っ飛んだウインカー&ミラーユニット。


動物相手の事故なので警察に通報する必要有るのかどうか分からず、ホテルに着いてから警察に電話。近くの交番には担当者が居ないので応援を呼ぶとの事。なんじゃそら。
30分後に到着した警察官に事情を説明すると「管轄が違うから詳しいことは釧路の署に聞いて欲しい。処理はしとくから後は釧路の署に聞いてね。怪我してないならこれで終わり」的な感じで2〜3分で終了。法的には動物は物なので何の書類も書くこと無く終了。
もっとも、60km/hでぶち当たってるのに無傷な訳が無く。数日経ってからむち打ちでエライ目に会います。

が、この時点では軽い打ち身程度にしか考えておらず、当たり前のようにツーリング続行しました。この時はそんな事より風邪引いて38度近くまで発熱していると言う事の方がよっぽど重大な自体だと思ってましたしね。

風邪引いてしんどいけどツーリングは続けます。
明日は事故で見逃した屈斜路湖に寄ってから釧路を目指します。

画像

© OpenStreetMap contributors

教訓:1 北海道はマジで鹿等の動物が飛び出す。
    2 事故ったら直ぐ通報。

本日の走行距離:247km


おまけ
交通事故の場合、相手の自賠責保険で治療する。という手段があります。交通事故による頚椎捻挫(むち打ち症)の治療はタダ!って治療院なんかはこのパターンですね。
ところが、私のように動物相手の事故だと、相手が居ないのでこの手は使えません。鹿は自賠責なんて入ってませんからね。
私の場合はバイクの保険の”搭乗者傷害”で3000万までは治療出来る事になっていまして、財布からは1円も出していません。さらに等級への影響も無い、となんとも助かる仕様でした。
バイク乗りの皆様、保険は良いのに入っておいた方がよろしいかと思います。「イザという時」は突然やってきますよ?その為の保険なのですから…
あと、事故ったら必ず病院に行きましょう。むち打ちは後からやってきます。完全に舐めてました、ヤバイです。

くれぐれも安全運転で行きましょう。事故はもういいです…

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(5)

2017/09/22 11:30
9/5

再び早朝から温泉を堪能してから出発です。夕日もいいですが、朝の露天風呂も最高ですな。

強風が吹き荒れるオロロンラインを北上し、幌富バイパスを経由して稚内へ。130kmほど走った頃…

画像


一般人が到達できる国内最果ての地宗谷岬です。
しかし、バイクが多いですな。

画像


こういうの好きです

画像


大岬旧海軍望楼跡

画像


そんなこんなで宗谷岬を後にして、オホーツクラインをひた走り紋別まで行きます。
走りやすいし、北海道の道は最高だぜw
とか思ってたんですが、この翌日えらい目に会います。

画像

© OpenStreetMap contributors


途中クッチャロ湖に寄り道。宗谷岬で見かけたバイクが一杯居ました。
皆考えることは同じみたいですな。

画像


紋別のホテルの屋上から。

画像


このホテルはスタッフの対応が最高でした。設備も申し分なく、また利用したいと思います。
バイクで長距離ツーリングしていて困る事の一つは「ホテルにバイク用の設備(駐車スペース等)が無い事」だと思います。野晒しの青空駐車場が有るだけマシでして、酷い所になると、二輪車お断りのホテルも有ります。
その点、このホテルはバイク専用の屋根付き駐輪場が有り、スタッフも笑顔で迎えてくれました(実際の所、バイクってだけで露骨に嫌な顔する従業員は多い…)


明日はサロマ湖に寄って博物館の網走監獄へ、その後阿寒湖に寄って屈斜路湖を経由し近くの川湯で一泊…の予定でしたが、今回のツーリング最大のアクシデントが起こります。

この日の走行距離:316km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(4)

2017/09/21 10:49
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCと言うレンズを頂きました瑠璃さんです。ひゃっほう!KマウントだしMZ-5に付けて遊ぶぜ!
…って、あれDCって文字が見える…これAPS-C用のレンズじゃん。「35mm一眼レフではケラレが生じます」って書いてあるし。
仕方ない、K-50で遊ぶか。ちょうど便利ズーム欲しかったし。



本題

9/4
北海道ツーリング4日目。朝から旭山動物園行ってきました。

画像


夕方までには初山別まで移動しないといけないので、3時間程で見て回る必要がありますな。

画像


ペンギンかわいい。

アザラシやらシロクマやらも居るのですが、丁度幼稚園の団体が流れ込んできまして、撮影どころではなくなったので早急に撤退。あの年代にはマナーとか一切存在しませんからね。
が、その後もこの幼稚園児の団体、どこに移動しても結構な確率でご一緒する羽目になりました。私は幼稚園児と考える事同じってか?

で、なんとか振り切ってカピパラを見に行くと…
画像


なんということでしょう…


そんなこんなしているうちに残り時間が少なくなってきたので撤収して移動します。
旭山、普通に面白い所でした。機会があればまた行きたいと思います。



コンビニで適当に食べて移動開始。毎回良い物食ってる訳じゃないんですよw

後は再びオロロンラインを北上します。

画像

© OpenStreetMap contributors

この日泊まったホテルは、沈む夕日が見える露天風呂の温泉が有り絶景が見られました。従業員の態度は最悪でしたけどね。

明日は北の最果て宗谷岬まで行きます。


この日の走行距離:165km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(3)

2017/09/18 19:22
今日は特に何も無いので本題に入りましょう。


9/3
北海道ツーリング3日目。まぁ、実質北海道1日目なんですが。
午前中は用事があって札幌まで。その後日本三大ガッカリ名所と名高い「札幌の時計台」を見に行ってみました。

画像


ここだけ見るとそれなりに見えますが、このまま横を向くとこうなります。

画像


…台無しだよ!

さ、ラーメンでも食って次行きましょう。

海まで出て、オロロンラインを北上して増毛駅でも見に行きますか。

画像


毛根に問題の有る方に人気だそうです。私には毛ほども関係ない事ですが。
この予定にない寄り道でホテルに1時間以上遅れて到着。場所は旭川、明日は旭山動物園見に行きます。

画像

© OpenStreetMap contributors

教訓:余計な寄り道は計画的に


この日の走行距離:250km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(2)

2017/09/17 15:50
師匠から大量の中古カメラを頂いて有頂天な瑠璃さんです。
カメラ用の電池ってなんであんなに高いんでしょう…?


本題

9/2
北海道ツーリング二日目です。この日の移動距離は1066km。と言っても1061km程はフェリーでの移動ですがw

しかし、いくら日本最速クラスの高速フェリーと言えど(30ノット)、20時間は暇を持て余すには十分過ぎる時間な訳です。当たり前ですが電波は届かない海の上を走りますからスマホやタブレットは通信不可能。精々音楽を聞くか、通信をしないアプリで遊ぶか位しか出来ません。分厚い本を持っていくと良いでしょう。「おはようからおやすみまで」海の上ですから…
さらに、食事の時間もキッチリしていまして、朝昼晩のそれぞれ1時間ずつしかレストランは営業していません。カフェも売店も営業時間が細かく区切られており、好きな時に好きなものを…とはいかないのが現実です。各自で持参されるとストレスが少なくて良いかと思います…

画像


おまけに高速フェリーなので、最後尾のデッキ以外には出られません。

ぶっちゃけ暇すぎて動物園の熊の如く意味もなくウロウロする羽目になりました。本持ってくりゃよかった…


で、21時、なんだかんだで小樽に上陸です。ホテルまで5km程走ってこの日は終了。もう夜ですから。
遠い所に行くと移動も大変です。

画像

© OpenStreetMap contributors

教訓:暇つぶしに何か持って行く。

この日の走行距離:5km

ではでは

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(1)

2017/09/16 15:37
とある事情で体調最悪な瑠璃さんです。


えー、二週間ほど休暇を頂けたのでちょっと北海道行ってきました。
もちろん愛車パシフィックコーストで、です。


ルートは実家の岡山から舞鶴へ向かい、舞鶴からフェリーで小樽に上陸。そののち時計回りに北海道を外周一周し、再び小樽からフェリーで舞鶴に戻り、岡山に帰還する。と、言うプランです。

今回地図はOpenStreetMapを採用しました。


画像


© OpenStreetMap contributors




今回の日程は、9/1の夜中に舞鶴を出港し、9/2の晩に小樽入り。9/12の夜中に小樽を出港し9/13の晩に舞鶴に帰って来るというものでした。
全体を通して晴れが続き、まとまった雨が降ったのは北海道最終日の12日だけでした。それなりに降る事を覚悟してたのですが…


と、言うわけで瑠璃さんの北海道ツーリング反省資料スタートです。





9/1

普段通り3時起きで4時に出社。12時退社の夜勤シフトでお仕事して、まったりと昼食を食べてから出発です。なにせフェリーは23時50分に出港と言うなかなかにクレイジーな仕様でして、なら午前中に仕事じてから十分間に合うじゃんw
などと楽観視して初日から痛い目に会います…

15時に自宅を出発し順調に姫路市を通過した頃、奴がやってきたのです…そう、”睡魔”です…
私、ずっと夜勤シフトなので普段は19時には就寝しているんですね。で、今がちょうど19時頃。結局、気を抜いたら居眠り運転で確実に死ぬ!そんな状態で舞鶴までの約80kmを走る羽目に…ホントにヤバかったです。何回死にかけたか…
まぁ、北海道ではさらに死に近い経験をするんですがね…

フラフラになりながらもたどり着いた舞鶴港。時刻は21時30分頃。
画像
後はフェリーの船室で寝るだけです。なんとか1日目が終わりました。やれやれ

教訓:休息はしっかりと。無理したら死ぬ。


この日の走行距離:210km


こんな感じでダラダラやっていきます。ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PEN

2017/05/28 20:21
先日、高知までカツオ食べに行ってきました瑠璃さんです。
徳島・高知は走りやすいですねー。香川は見習うべきですわ。まぁ、狭いから仕方ないんですけどね。
塩タタキはマジで美味かったです。



さて、少し前にハード・オフをふらふらしていますと、それなりに状態のいい「OLYMPUS-PEN EED」が転がってましたので捕獲。1000円でした。
前玉に大き目の傷、後玉はカビだらけ、露出計不調(後で分かった)、モルト全滅…
この位なら素人修理でどうとでもなります。

で、一通り修理してテスト撮影終了。電池はMR-9なんぞ手に入らなので、LR44をぶち込みます。電圧差がありますが、無視して良いとの事。
画像


…露出計死んでますな。シャッタースピードがえらい事になってますww


軍艦部を開けて露出計を確認。光を当てると針は動くんですが…最大でも1/3位しか動いてません。こりゃ低速シャッターでしか動かんわ…

で、「回路は正常。なら抵抗器の劣化か?それなら適正な抵抗値になるように配線すればいい」と電圧のチェックをしていると、何故か突然針が全力で振れまくるではありませんか。

??????

なんか、テスター当てたら直ったんですけど?
数百回テストしましたが、キッチリ動いてます。一体何だったんだ…


で、もう一回テスト撮影。余談ながら、この2本現像に出しただけで「PEN、ハーフの○○さんですね!」と店員に完全に覚えられました。どうでもいいけど、毎回フィルムを長巻で返すのやめてくれませんかね…

画像



画像


画像


ふむ、露出計は問題無いようですな。レンズの傷も特に気になるレベルではないので良しとしましょう。
レンズの個体差が激しい様で、賛否両論評価が別れるカメラですが、私は好きですね。普段使いにいい感じです。



あ、スリングショットですが、設計がまとまったのでそろそろ取り掛かりたいと思ってます。


ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィルム

2017/04/27 16:20
休日は日の出とともに散歩に出かけるのが最近のライフスタイルになりつつある瑠璃さんです。
近所の土手まで徒歩60秒。南海トラフとやらが来れば確実に水没します…

先日古い二眼レフのカメラを頂きました。恐らく「YASHICA AV」だと思われます。
なぜ”恐らく”かと言いますと、本体に”Yashica-A”としか書いていない為特定が困難なのです…
で、中判デビューだぜ!とか喜んでいた矢先、「整理していたら出てきた」とジャンクカメラを3台頂きました。

YASHICA ELECTRO35 CCN
OLYMPUS IZM-300
OLYMPUS L-1


OLYMPUSの2台は全く異常なく当たり前のように正常に稼働。流石はバブル期の代物、格が違いますな。しかしジャンクとは一体…

問題はELECTROです。かつてモルトと呼ばれていたであろう物体Xは朽ち果てて、幼児が食べこぼしたクッキーの如く内部に散乱し張り付いているわ、シャッターは動いてはいるものの、どう考えても速度が不安定。ファインダーは汚れきっており、二重像も怪しい…

まぁ、直しますよね?
で、一通り修理して試し撮り

画像


面倒なのでフジのCDを取り込んだだけです。

あれ?35mm楽しいわw
あ、でもブローニーに比べたら安いとは言え、35mmもそれなりにコストが掛かる…。そうだ、ハーフカメラが有るじゃない!

と、ジャンクで拾ってきたのが OLYMPUS-PEN EED。
レンズが死にかけてましたが全く気にしないw
電池を入れるとシャッタースピードが変化していたので電装系は生きているんでしょう。モルトを張替え、試し撮り…がなかなか終わらないwww
ハーフカメラなので普通の35mmの倍撮れるんですよね…。休日の度にゴソゴソ出かけるのはそういう理由です。

ちゃんと直ってたらPENが普段使いカメラかなぁ…でも縦構図って以外に扱いづらいしなー。
とまぁ、ここんとこフィルムカメラと戯れております。一気に5台も増えるとは思わんかったよ…

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペパクラ

2017/03/15 11:20
仕事の休みを取るのに3つの部署に許可を貰わないといけなくなった瑠璃さんです。
「それぞれの主任しっかりと話し合って決めてくれ」…バイト雇えよ。

正月から作っていたペーパークラフトがようやく完成しました。

画像


ヤマハのHPにある「精密ペーパークラフト SR400」です。
公開されていた展開図ですとミラーやレバーがペラッペラでその、アレだったので同じくヤマハの超精密シリーズのMT-01からミラーとレバーを拝借。
見えてないですが、デコンプレバーは厚みを出して立体化。
リアサスに黒い紙を巻いてスプリングっぽく小細工。
特に意味は無いのですが、タンクは92年のミヤビマルーンをチョイス。
タンクが第二世代の物なので、それっぽく見えたらとステップ位置を後退させてバックステップ状態に。それに合わせてシフト・ブレーキペダルの位置を調整。
グラブバーは立体化が面倒くさくなったので撤去。
ハンドル周りにワイヤー・ケーブル類をそれっぽく配置。

と、手を加えたのはこの位です。メンテナンススタンドはYZF-R1(1998)のアクセサリーパーツから拝借しました。
第二世代なのにフロントがディスクなのはレストア時に移植した。とかいう体でお願いしますwホントはディスクのホイールを作ってからドラムだと気づいたが、ドラムのホイールを作り直すのが面倒くさくなった…

HPで展開図の公開をしている企業も結構あります。時間はかかりますが、なかなか面白いですよ?ペーパークラフト。




一段落したら桜とか撮りに行きたいですねー。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SHIELD

2017/02/27 18:13
最近各部署が私の取り合いをするという、全く嬉しくない職場環境の瑠璃さんです。私は万屋かっての。

あ、そういえば。私一般に信じられている「進化論」を毛ほども信じておりません。
今現在に至るまで人間の生活が「便利」になったのは全て何らかの道具等を使って行った結果であり、身体機能の拡張や適応によるものは殆ど有りません。
神話の時代から皆「空を飛びたい」とあれやこれややったのに、結局今に至るまで飛行機等を使わないと誰一人飛べません。
速く走りたいと願っても精々30km/hが限度です。


他の動植物もそうです。誰だって好き好んで捕食対象になりたがるのもは無いでしょう。
草食動物はなぜ空を飛んで逃げないのですか?なぜ牙や爪から身を守る硬い鎧を着ていないのですか?なぜ捕食する側に「進化」していないのですか?
彼らが都合よく進化出来るのなら、今頃アフリカの草原にはペガサスやらグリフォンやらが闊歩する魔界になってないとおかしいと思いますが…

私は最初の生命が何処から、どうやって生まれたのかを論証する事は出来ません。タイムマシンでもあれば一発なんですけどねぇ。
ですが、今現在存在している「種」は今も昔も将来もそのまんまだと思います。だいたい、何で人間以外の種が存在しているんですか。進化出来るなら皆人型になって文明社会築いたほうが絶対にお得じゃないですか。




はい、面倒くさい話はここまで。本題に入ります。

なんだかんだでNVIDIAのSHIELD Tablet K1を買いました。
ダブレットが要るなー、とは思ってたんですがNexus6がそれなりに大きかったので「ファブレットでいい」と誤魔化してきました。
が、流石に大きさ的な限界を感じてきたので8インチタブレット、買っちゃいました。

詳しいレビューとかはどこか他のサイトやブログとかSNSとか参照してください。

確かに巷で言われる様にバッテリーの持ちは宜しくない方でしょう。ブラウジングだけでも1時間で10%は持って行かれます。Wikipediaとか見ると「5197 mAh (19.75 W·h)」とあるのですが、12.2Wh (3,220mAh)のNexus6の方が圧倒的に長持ちします。まぁ、あれだけデカイ液晶が付いてますからねぇ。

で、折角Shield Tablet買ったのだからとWarthunderをインストール…出来ねぇじゃねぇか。どないなってんねん、確か売りの一つだったはずでは?
どうも現在乗っかってるSoCがTegra X1でないと対応していないそうで…ありゃま。
コイツには名前の通りTegra K1が乗っかってます。結構能力の高いSoCなんですが、性能不足なんですかね?少々画質が落ちても気にしないんですけどね。メインPCだとグラフィック設定は「低」ですしwww

最後に少々気になる点を。
重い。他の軽量タブレットと比べると少々重いです。と言っても私的には余裕で許容範囲内です。が、そんな事よりモニターと本体との隙間が気になります。1mm以下の隙間なんですが、埃が入るには十分過ぎる隙間でして…黒い本体と白い埃の見事なコントラストは気になると言うか、キレそうになります。保護フィルムでも張れば違うのかもしれませんね。どの道タッチ感度が過剰なまでに高いので少々のフィルムとかでは問題ないでしょう。多分。



年末はバイクカバー作り、年が明けてからはペーパークラフト(SR400)で忙しかったのですが、そろそろ終わりが見えてきました。順調に行けばそろそろスリングショット作りに戻れそうです。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


車庫

2016/12/31 16:17
なんとか年内に更新間に合いました…早朝シフトで寝不足な瑠璃さんです。

バイク用の簡易車庫が欲しいとずっと思ってたんですよ。
が、買うとなかなか高い。なら自作してやろうとチマチマ作ってました。

画像


ま、素人が予算1万円程度で作ったらこんなもんですかね?

材料は園芸用の20mmのパイプとブルーシートの銀色のやつ(UVシート?)、スチールラックの柱部分です。UVシートが接着剤も駄目、溶着も駄目となかなか手ごわいやつだったので、全部手縫いで仕上げました。ミシンだと何回やっても下糸がえらい事になったので…

耐久性とか全く気にしていないので、真似してどこかに飛んでいっても当方は一切の責任を負いかねますので、自己責任でお願いします。まぁ、そんな奴居ないと思いますが。


とにかく、パシフィックコーストの出し入れが半端なく楽になったので、自分的には満足しています。カバーかけるのも外すのも面倒くさい事この上ないんですよ…

来年はまたスリングショット作りたいですねー。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駄目か

2016/08/29 23:36
ここ数日、夜になるとダイアルアップ並に速度が落ちる光回線に軽くキレそうな瑠璃さんです。お久しぶり。
動画再生でもしようものなら90年台、ようやくインターネットが普及し始めた頃の不自由さを体験できます。ベストエフォートとは言え流石にコレは無いやろ…


そう言えば、ボーダーブレイク復帰しました。始めたのがVer.1.14の頃でしたので6年前ですか。あれ?もうそんなに経ちますか…
その復帰戦で筐体の不具合による開幕強制終了を余儀なくされ、ホントに何もしないまま降格させられました。いや、どうせリハビリしないとついて行けないからいいんですけどね…
「カプラーが抜けてました♪筐体の再起動が必要ですので強制終了か、試合終了まで棒立ちの後終了させるか、選んでください」
なめとんのか?味方に迷惑かけるし強制終了一択やないか…
まぁ、クレジットの保証はしっかりしてれましたし、ええんですけどね。




本題
スリングショット、貫通力が足らんのです。
原因は色々考えられますが、今回は弾を変更してみたいと思います。完全な球体のパチンコ玉から棒状の物に変えてみましょう。釘とか?
が、一応狩猟目的で制作してますので役場に問い合わせてみましょう。

「パチンコで釘とか飛ばしてもええですか?弾と矢の違いは何ですか?」

「改造ネイルガンとかじゃなかったら合法…と思う。程度によるから見てみないと判断できない。弾と矢の明確な違いは定められてないので、釘でもアウトの可能性は充分ある。そもそもパチンコでの猟自体がグレーゾーンなので…」

的な感じの回答を頂きました。
職質されて「釘を撃ちだすパチンコで鴨撃ちに行く所です」とか言ったら確実に面倒な事になるでしょうし、釘を「安定翼の無い矢である」とか言われたら更に面倒な事になるのは確実です。
…やめといた方が良いですね。

まぁ、まっすぐ飛ばないと思いますし、やらなくて正解だったかもしれませんな(負け惜しみ
素直に初速上げるか…


あ、そう言えば、ライフル型スリングショットでゴムの再装填に圧縮空気を使ったら空気銃扱いになるんですかね?動力に使ってないから問題ないのかな?

色々疑問は有りますが、今日はこの辺りで。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

雑記?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる