アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
雑記?
ブログ紹介
私、瑠璃の雑記メモみたいなものです。思いついたままに書いてます。
zoom RSS

ちょっと北海道行ってきた(5)

2017/09/22 11:30
9/5

再び早朝から温泉を堪能してから出発です。夕日もいいですが、朝の露天風呂も最高ですな。

強風が吹き荒れるオロロンラインを北上し、幌富バイパスを経由して稚内へ。130kmほど走った頃…

画像


一般人が到達できる国内最果ての地宗谷岬です。
しかし、バイクが多いですな。

画像


こういうの好きです

画像


大岬旧海軍望楼跡

画像


そんなこんなで宗谷岬を後にして、オホーツクラインをひた走り紋別まで行きます。
走りやすいし、北海道の道は最高だぜw
とか思ってたんですが、この翌日えらい目に会います。

画像

© OpenStreetMap contributors


途中クッチャロ湖に寄り道。宗谷岬で見かけたバイクが一杯居ました。
皆考えることは同じみたいですな。

画像


紋別のホテルの屋上から。

画像


このホテルはスタッフの対応が最高でした。設備も申し分なく、また利用したいと思います。
バイクで長距離ツーリングしていて困る事の一つは「ホテルにバイク用の設備(駐車スペース等)が無い事」だと思います。野晒しの青空駐車場が有るだけマシでして、酷い所になると、二輪車お断りのホテルも有ります。
その点、このホテルはバイク専用の屋根付き駐輪場が有り、スタッフも笑顔で迎えてくれました(実際の所、バイクってだけで露骨に嫌な顔する従業員は多い…)


明日はサロマ湖に寄って博物館の網走監獄へ、その後阿寒湖に寄って屈斜路湖を経由し近くの川湯で一泊…の予定でしたが、今回のツーリング最大のアクシデントが起こります。

この日の走行距離:316km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(4)

2017/09/21 10:49
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCと言うレンズを頂きました瑠璃さんです。ひゃっほう!KマウントだしMZ-5に付けて遊ぶぜ!
…って、あれDCって文字が見える…これAPS-C用のレンズじゃん。「35mm一眼レフではケラレが生じます」って書いてあるし。
仕方ない、K-50で遊ぶか。ちょうど便利ズーム欲しかったし。



本題

9/4
北海道ツーリング4日目。朝から旭山動物園行ってきました。

画像


夕方までには初山別まで移動しないといけないので、3時間程で見て回る必要がありますな。

画像


ペンギンかわいい。

アザラシやらシロクマやらも居るのですが、丁度幼稚園の団体が流れ込んできまして、撮影どころではなくなったので早急に撤退。あの年代にはマナーとか一切存在しませんからね。
が、その後もこの幼稚園児の団体、どこに移動しても結構な確率でご一緒する羽目になりました。私は幼稚園児と考える事同じってか?

で、なんとか振り切ってカピパラを見に行くと…
画像


なんということでしょう…


そんなこんなしているうちに残り時間が少なくなってきたので撤収して移動します。
旭山、普通に面白い所でした。機会があればまた行きたいと思います。



コンビニで適当に食べて移動開始。毎回良い物食ってる訳じゃないんですよw

後は再びオロロンラインを北上します。

画像

© OpenStreetMap contributors

この日泊まったホテルは、沈む夕日が見える露天風呂の温泉が有り絶景が見られました。従業員の態度は最悪でしたけどね。

明日は北の最果て宗谷岬まで行きます。


この日の走行距離:165km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(3)

2017/09/18 19:22
今日は特に何も無いので本題に入りましょう。


9/3
北海道ツーリング3日目。まぁ、実質北海道1日目なんですが。
午前中は用事があって札幌まで。その後日本三大ガッカリ名所と名高い「札幌の時計台」を見に行ってみました。

画像


ここだけ見るとそれなりに見えますが、このまま横を向くとこうなります。

画像


…台無しだよ!

さ、ラーメンでも食って次行きましょう。

海まで出て、オロロンラインを北上して増毛駅でも見に行きますか。

画像


毛根に問題の有る方に人気だそうです。私には毛ほども関係ない事ですが。
この予定にない寄り道でホテルに1時間以上遅れて到着。場所は旭川、明日は旭山動物園見に行きます。

画像

© OpenStreetMap contributors

教訓:余計な寄り道は計画的に


この日の走行距離:250km

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(2)

2017/09/17 15:50
師匠から大量の中古カメラを頂いて有頂天な瑠璃さんです。
カメラ用の電池ってなんであんなに高いんでしょう…?


本題

9/2
北海道ツーリング二日目です。この日の移動距離は1066km。と言っても1061km程はフェリーでの移動ですがw

しかし、いくら日本最速クラスの高速フェリーと言えど(30ノット)、20時間は暇を持て余すには十分過ぎる時間な訳です。当たり前ですが電波は届かない海の上を走りますからスマホやタブレットは通信不可能。精々音楽を聞くか、通信をしないアプリで遊ぶか位しか出来ません。分厚い本を持っていくと良いでしょう。「おはようからおやすみまで」海の上ですから…
さらに、食事の時間もキッチリしていまして、朝昼晩のそれぞれ1時間ずつしかレストランは営業していません。カフェも売店も営業時間が細かく区切られており、好きな時に好きなものを…とはいかないのが現実です。各自で持参されるとストレスが少なくて良いかと思います…

画像


おまけに高速フェリーなので、最後尾のデッキ以外には出られません。

ぶっちゃけ暇すぎて動物園の熊の如く意味もなくウロウロする羽目になりました。本持ってくりゃよかった…


で、21時、なんだかんだで小樽に上陸です。ホテルまで5km程走ってこの日は終了。もう夜ですから。
遠い所に行くと移動も大変です。

画像

© OpenStreetMap contributors

教訓:暇つぶしに何か持って行く。

この日の走行距離:5km

ではでは

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと北海道行ってきた(1)

2017/09/16 15:37
とある事情で体調最悪な瑠璃さんです。


えー、二週間ほど休暇を頂けたのでちょっと北海道行ってきました。
もちろん愛車パシフィックコーストで、です。


ルートは実家の岡山から舞鶴へ向かい、舞鶴からフェリーで小樽に上陸。そののち時計回りに北海道を外周一周し、再び小樽からフェリーで舞鶴に戻り、岡山に帰還する。と、言うプランです。

今回地図はOpenStreetMapを採用しました。


画像


© OpenStreetMap contributors




今回の日程は、9/1の夜中に舞鶴を出港し、9/2の晩に小樽入り。9/12の夜中に小樽を出港し9/13の晩に舞鶴に帰って来るというものでした。
全体を通して晴れが続き、まとまった雨が降ったのは北海道最終日の12日だけでした。それなりに降る事を覚悟してたのですが…


と、言うわけで瑠璃さんの北海道ツーリング反省資料スタートです。





9/1

普段通り3時起きで4時に出社。12時退社の夜勤シフトでお仕事して、まったりと昼食を食べてから出発です。なにせフェリーは23時50分に出港と言うなかなかにクレイジーな仕様でして、なら午前中に仕事じてから十分間に合うじゃんw
などと楽観視して初日から痛い目に会います…

15時に自宅を出発し順調に姫路市を通過した頃、奴がやってきたのです…そう、”睡魔”です…
私、ずっと夜勤シフトなので普段は19時には就寝しているんですね。で、今がちょうど19時頃。結局、気を抜いたら居眠り運転で確実に死ぬ!そんな状態で舞鶴までの約80kmを走る羽目に…ホントにヤバかったです。何回死にかけたか…
まぁ、北海道ではさらに死に近い経験をするんですがね…

フラフラになりながらもたどり着いた舞鶴港。時刻は21時30分頃。
画像
後はフェリーの船室で寝るだけです。なんとか1日目が終わりました。やれやれ

教訓:休息はしっかりと。無理したら死ぬ。


この日の走行距離:210km


こんな感じでダラダラやっていきます。ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PEN

2017/05/28 20:21
先日、高知までカツオ食べに行ってきました瑠璃さんです。
徳島・高知は走りやすいですねー。香川は見習うべきですわ。まぁ、狭いから仕方ないんですけどね。
塩タタキはマジで美味かったです。



さて、少し前にハード・オフをふらふらしていますと、それなりに状態のいい「OLYMPUS-PEN EED」が転がってましたので捕獲。1000円でした。
前玉に大き目の傷、後玉はカビだらけ、露出計不調(後で分かった)、モルト全滅…
この位なら素人修理でどうとでもなります。

で、一通り修理してテスト撮影終了。電池はMR-9なんぞ手に入らなので、LR44をぶち込みます。電圧差がありますが、無視して良いとの事。
画像


…露出計死んでますな。シャッタースピードがえらい事になってますww


軍艦部を開けて露出計を確認。光を当てると針は動くんですが…最大でも1/3位しか動いてません。こりゃ低速シャッターでしか動かんわ…

で、「回路は正常。なら抵抗器の劣化か?それなら適正な抵抗値になるように配線すればいい」と電圧のチェックをしていると、何故か突然針が全力で振れまくるではありませんか。

??????

なんか、テスター当てたら直ったんですけど?
数百回テストしましたが、キッチリ動いてます。一体何だったんだ…


で、もう一回テスト撮影。余談ながら、この2本現像に出しただけで「PEN、ハーフの○○さんですね!」と店員に完全に覚えられました。どうでもいいけど、毎回フィルムを長巻で返すのやめてくれませんかね…

画像



画像


画像


ふむ、露出計は問題無いようですな。レンズの傷も特に気になるレベルではないので良しとしましょう。
レンズの個体差が激しい様で、賛否両論評価が別れるカメラですが、私は好きですね。普段使いにいい感じです。



あ、スリングショットですが、設計がまとまったのでそろそろ取り掛かりたいと思ってます。


ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィルム

2017/04/27 16:20
休日は日の出とともに散歩に出かけるのが最近のライフスタイルになりつつある瑠璃さんです。
近所の土手まで徒歩60秒。南海トラフとやらが来れば確実に水没します…

先日古い二眼レフのカメラを頂きました。恐らく「YASHICA AV」だと思われます。
なぜ”恐らく”かと言いますと、本体に”Yashica-A”としか書いていない為特定が困難なのです…
で、中判デビューだぜ!とか喜んでいた矢先、「整理していたら出てきた」とジャンクカメラを3台頂きました。

YASHICA ELECTRO35 CCN
OLYMPUS IZM-300
OLYMPUS L-1


OLYMPUSの2台は全く異常なく当たり前のように正常に稼働。流石はバブル期の代物、格が違いますな。しかしジャンクとは一体…

問題はELECTROです。かつてモルトと呼ばれていたであろう物体Xは朽ち果てて、幼児が食べこぼしたクッキーの如く内部に散乱し張り付いているわ、シャッターは動いてはいるものの、どう考えても速度が不安定。ファインダーは汚れきっており、二重像も怪しい…

まぁ、直しますよね?
で、一通り修理して試し撮り

画像


面倒なのでフジのCDを取り込んだだけです。

あれ?35mm楽しいわw
あ、でもブローニーに比べたら安いとは言え、35mmもそれなりにコストが掛かる…。そうだ、ハーフカメラが有るじゃない!

と、ジャンクで拾ってきたのが OLYMPUS-PEN EED。
レンズが死にかけてましたが全く気にしないw
電池を入れるとシャッタースピードが変化していたので電装系は生きているんでしょう。モルトを張替え、試し撮り…がなかなか終わらないwww
ハーフカメラなので普通の35mmの倍撮れるんですよね…。休日の度にゴソゴソ出かけるのはそういう理由です。

ちゃんと直ってたらPENが普段使いカメラかなぁ…でも縦構図って以外に扱いづらいしなー。
とまぁ、ここんとこフィルムカメラと戯れております。一気に5台も増えるとは思わんかったよ…

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペパクラ

2017/03/15 11:20
仕事の休みを取るのに3つの部署に許可を貰わないといけなくなった瑠璃さんです。
「それぞれの主任しっかりと話し合って決めてくれ」…バイト雇えよ。

正月から作っていたペーパークラフトがようやく完成しました。

画像


ヤマハのHPにある「精密ペーパークラフト SR400」です。
公開されていた展開図ですとミラーやレバーがペラッペラでその、アレだったので同じくヤマハの超精密シリーズのMT-01からミラーとレバーを拝借。
見えてないですが、デコンプレバーは厚みを出して立体化。
リアサスに黒い紙を巻いてスプリングっぽく小細工。
特に意味は無いのですが、タンクは92年のミヤビマルーンをチョイス。
タンクが第二世代の物なので、それっぽく見えたらとステップ位置を後退させてバックステップ状態に。それに合わせてシフト・ブレーキペダルの位置を調整。
グラブバーは立体化が面倒くさくなったので撤去。
ハンドル周りにワイヤー・ケーブル類をそれっぽく配置。

と、手を加えたのはこの位です。メンテナンススタンドはYZF-R1(1998)のアクセサリーパーツから拝借しました。
第二世代なのにフロントがディスクなのはレストア時に移植した。とかいう体でお願いしますwホントはディスクのホイールを作ってからドラムだと気づいたが、ドラムのホイールを作り直すのが面倒くさくなった…

HPで展開図の公開をしている企業も結構あります。時間はかかりますが、なかなか面白いですよ?ペーパークラフト。




一段落したら桜とか撮りに行きたいですねー。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SHIELD

2017/02/27 18:13
最近各部署が私の取り合いをするという、全く嬉しくない職場環境の瑠璃さんです。私は万屋かっての。

あ、そういえば。私一般に信じられている「進化論」を毛ほども信じておりません。
今現在に至るまで人間の生活が「便利」になったのは全て何らかの道具等を使って行った結果であり、身体機能の拡張や適応によるものは殆ど有りません。
神話の時代から皆「空を飛びたい」とあれやこれややったのに、結局今に至るまで飛行機等を使わないと誰一人飛べません。
速く走りたいと願っても精々30km/hが限度です。


他の動植物もそうです。誰だって好き好んで捕食対象になりたがるのもは無いでしょう。
草食動物はなぜ空を飛んで逃げないのですか?なぜ牙や爪から身を守る硬い鎧を着ていないのですか?なぜ捕食する側に「進化」していないのですか?
彼らが都合よく進化出来るのなら、今頃アフリカの草原にはペガサスやらグリフォンやらが闊歩する魔界になってないとおかしいと思いますが…

私は最初の生命が何処から、どうやって生まれたのかを論証する事は出来ません。タイムマシンでもあれば一発なんですけどねぇ。
ですが、今現在存在している「種」は今も昔も将来もそのまんまだと思います。だいたい、何で人間以外の種が存在しているんですか。進化出来るなら皆人型になって文明社会築いたほうが絶対にお得じゃないですか。




はい、面倒くさい話はここまで。本題に入ります。

なんだかんだでNVIDIAのSHIELD Tablet K1を買いました。
ダブレットが要るなー、とは思ってたんですがNexus6がそれなりに大きかったので「ファブレットでいい」と誤魔化してきました。
が、流石に大きさ的な限界を感じてきたので8インチタブレット、買っちゃいました。

詳しいレビューとかはどこか他のサイトやブログとかSNSとか参照してください。

確かに巷で言われる様にバッテリーの持ちは宜しくない方でしょう。ブラウジングだけでも1時間で10%は持って行かれます。Wikipediaとか見ると「5197 mAh (19.75 W·h)」とあるのですが、12.2Wh (3,220mAh)のNexus6の方が圧倒的に長持ちします。まぁ、あれだけデカイ液晶が付いてますからねぇ。

で、折角Shield Tablet買ったのだからとWarthunderをインストール…出来ねぇじゃねぇか。どないなってんねん、確か売りの一つだったはずでは?
どうも現在乗っかってるSoCがTegra X1でないと対応していないそうで…ありゃま。
コイツには名前の通りTegra K1が乗っかってます。結構能力の高いSoCなんですが、性能不足なんですかね?少々画質が落ちても気にしないんですけどね。メインPCだとグラフィック設定は「低」ですしwww

最後に少々気になる点を。
重い。他の軽量タブレットと比べると少々重いです。と言っても私的には余裕で許容範囲内です。が、そんな事よりモニターと本体との隙間が気になります。1mm以下の隙間なんですが、埃が入るには十分過ぎる隙間でして…黒い本体と白い埃の見事なコントラストは気になると言うか、キレそうになります。保護フィルムでも張れば違うのかもしれませんね。どの道タッチ感度が過剰なまでに高いので少々のフィルムとかでは問題ないでしょう。多分。



年末はバイクカバー作り、年が明けてからはペーパークラフト(SR400)で忙しかったのですが、そろそろ終わりが見えてきました。順調に行けばそろそろスリングショット作りに戻れそうです。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


車庫

2016/12/31 16:17
なんとか年内に更新間に合いました…早朝シフトで寝不足な瑠璃さんです。

バイク用の簡易車庫が欲しいとずっと思ってたんですよ。
が、買うとなかなか高い。なら自作してやろうとチマチマ作ってました。

画像


ま、素人が予算1万円程度で作ったらこんなもんですかね?

材料は園芸用の20mmのパイプとブルーシートの銀色のやつ(UVシート?)、スチールラックの柱部分です。UVシートが接着剤も駄目、溶着も駄目となかなか手ごわいやつだったので、全部手縫いで仕上げました。ミシンだと何回やっても下糸がえらい事になったので…

耐久性とか全く気にしていないので、真似してどこかに飛んでいっても当方は一切の責任を負いかねますので、自己責任でお願いします。まぁ、そんな奴居ないと思いますが。


とにかく、パシフィックコーストの出し入れが半端なく楽になったので、自分的には満足しています。カバーかけるのも外すのも面倒くさい事この上ないんですよ…

来年はまたスリングショット作りたいですねー。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駄目か

2016/08/29 23:36
ここ数日、夜になるとダイアルアップ並に速度が落ちる光回線に軽くキレそうな瑠璃さんです。お久しぶり。
動画再生でもしようものなら90年台、ようやくインターネットが普及し始めた頃の不自由さを体験できます。ベストエフォートとは言え流石にコレは無いやろ…


そう言えば、ボーダーブレイク復帰しました。始めたのがVer.1.14の頃でしたので6年前ですか。あれ?もうそんなに経ちますか…
その復帰戦で筐体の不具合による開幕強制終了を余儀なくされ、ホントに何もしないまま降格させられました。いや、どうせリハビリしないとついて行けないからいいんですけどね…
「カプラーが抜けてました♪筐体の再起動が必要ですので強制終了か、試合終了まで棒立ちの後終了させるか、選んでください」
なめとんのか?味方に迷惑かけるし強制終了一択やないか…
まぁ、クレジットの保証はしっかりしてれましたし、ええんですけどね。




本題
スリングショット、貫通力が足らんのです。
原因は色々考えられますが、今回は弾を変更してみたいと思います。完全な球体のパチンコ玉から棒状の物に変えてみましょう。釘とか?
が、一応狩猟目的で制作してますので役場に問い合わせてみましょう。

「パチンコで釘とか飛ばしてもええですか?弾と矢の違いは何ですか?」

「改造ネイルガンとかじゃなかったら合法…と思う。程度によるから見てみないと判断できない。弾と矢の明確な違いは定められてないので、釘でもアウトの可能性は充分ある。そもそもパチンコでの猟自体がグレーゾーンなので…」

的な感じの回答を頂きました。
職質されて「釘を撃ちだすパチンコで鴨撃ちに行く所です」とか言ったら確実に面倒な事になるでしょうし、釘を「安定翼の無い矢である」とか言われたら更に面倒な事になるのは確実です。
…やめといた方が良いですね。

まぁ、まっすぐ飛ばないと思いますし、やらなくて正解だったかもしれませんな(負け惜しみ
素直に初速上げるか…


あ、そう言えば、ライフル型スリングショットでゴムの再装填に圧縮空気を使ったら空気銃扱いになるんですかね?動力に使ってないから問題ないのかな?

色々疑問は有りますが、今日はこの辺りで。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やりたいんだがなぁ

2016/07/23 23:45
なぜか以前にも増してメンタルが柔らかくなった瑠璃さんです。自分でもびっくりするくらいどーでもいい事でストレス溜めて体壊してる日々です。病院的な所へ行ったほうがいいのかな?



で、性懲りもなくライフル型スリングショットの話です。
簡単な3Dモデルでもどうぞ
画像


こんなん考えました。


ゴムが邪魔ですね

画像


これが

画像


こうなります。
できるだけ再装填を簡単にしようと考えて、こんなんになりました。
上レール内にパチ玉の再装填ギミックも作る予定です。
下レール下部の大型コッキングレバーを引けばゴムとパチ玉を同時に再装填出来る。という訳ですな。テコの原理で、引くほど作用点が支点に近づくのでかなり軽く引けるのでは?と思いますが、作ってみないと何とも言えませんね。

ついでに、今回は機関部も「前倒れ・瞬間開放式」から「押し上げ式」にしてみようと思います。
前倒れ式の機関部はトリガープルが軽かったり、トリガーの切れが良かったりとメリットも多いのですが…自動復帰させるのがなかなか面倒だったり、何よりフックのピンに冗談みたいな荷重がかかって容易に変形するんですよね。
なので、今回はコッキング後はフレームに引っ掛ける、押し上げ式機関部にしてみようと思ってます。構造は簡単で頑丈な方がいいに決まってますしね。

ただ、問題も無い訳ではなく…
構造上、上レールの上部にはレール幅以上の物は配置できません。つまり、スコープが付けられないのですwww
横に付けるか、アイアンサイトのみになりますな。
まぁ、どうせ精度的に30m以上は狙わない(狙えない)のでいいんですけどね。

なんかやる気出ないですが、ぼちぼち頑張ります。
ではでは
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Nexus

2016/07/07 21:52
通販でニョクマム買ってテンション高いまま近所の輸入品店に行くと当たり前のようにナンプラーとかニョクマムとかフォーとか売ってて激しく後悔した瑠璃さんです。
アンチョビソースは置いて無かったのでAmazonとかで買う予定です。

私はあの魚臭いニョクマム大好きなんですが、家族には不評でした。魚臭すぎるそうで。
そう言えばそのお店フォーはあったのですが、パクチーは無かったです。残念。
仕方ないので、玉ねぎと鶏ミンチで適当にスープ作って「なんちゃってフォー」を作ってみましたが、意外と美味しかったです。玉ねぎがニョクマムの魚臭さを抑えて違和感のないオニオンスープが出来上がりました。
…ニョクマムやフォー入れた意味がありませんなwww



本題

長らくSoftBankでスマホ使っていましたが、今月頭に解約いたしました。せっかくなので「MVNO」というものを試してみました。所謂格安スマホや格安SIMとか言われる奴ですね。

私、家のネット回線のプロバイダーがBIGLOBEさんだったので、色々検討した結果、BIGLOBEで契約してみました。音声通話付きのライトSプランで月1950円だそうです。

で、このSIMカードをNexus6で使ってみよう。という訳です。
BIGLOBEの「動作確認済み端末一覧」にNexus6グローバル版(XT1100)は記載されていませんが、問題なく使えます。Docomoの使ってる周波数帯に対応してるんだから当たり前なんですが…。
今のところ速度も安定して出てますし、通話も問題ありません。今まで使ってたSoftBankの302SHと遜色なく使えます。もっと早く乗り換えればよかった。
つかNexusの方がサクサク動くので、よっぽど使いやすくなりました。一年ほど新しい端末だし当然なんですけどね。

しかし、なにより大きな画面は良いですね。302SHも大きな方でしたが、Nexus6の後に使うと小さすぎて扱いに困ります。見難いし。

まぁ、色々遊べそうな端末なので、今後色々試してみたいと思います。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミニ

2016/06/12 21:20
WW2の戦闘機で一番好きなのは?と聞かれたら「P-61」と即答する瑠璃さんです。旋回砲塔ええやん。


ミニカーが欲しいのですよ。あ、トミカとかじゃないですよ?50ccの青ナンバーの実際に乗れる自動車ですよ?
最近「ちょっとそこまで」で使える足が欲しいなぁ。とか思ってまして(単車2台有るのにこれである)、行き着いたのがミニカーです。
具体的には光岡のK−4みたいなのが欲しいのですが、中古価格が偉いことになってまして、中古の普通車が買えそうなお値段がします。50ccなのに。原付きのくせに。

なので、自作してやろうかと思いました。
幸いな事に、この手の小型車は規制が緩く、自作でどうとでもなるんですね…
MTの原付きのパワーユニット移植して作ってやる気でいますが、スリングショットと違って住宅事情の問題ですぐには無理でしょうね。まさか布団の上で溶接する訳にはいきませんし。

まぁ、機会があればちまちま作って行きたいなぁ。と考えています。



え?スリングショット?なんか…こう…暑くなると…ね?何かつい先延ばしにしちゃうんですよね…。
ついアンテナ巻いたり、Linuxで遊んだりしちゃうんですよね。
はい、スリングショットも頑張ります。でもなぁ…4号機の機関部がなぁ。うまくいかないんですよねぇ…。


ではでは



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


温泉

2016/05/15 14:59
軽自動車税の増税で大打撃の瑠璃さんです。あれ新車だけって話なんじゃ…え、登録から13年以上経ってるから増額?
要するに「いつまでも古臭い旧車に乗ってないでさっさと新車に買い換えろ」って事ですか。

だが断る




そう言えば、連休取って温泉に行ってきました。懲りずにまた道後温泉です。

で、前々から思ってたんですが、松山って何かと夏目漱石の「坊っちゃん」縁の地として取り上げられてますし、松山もそれに乗っかってる様ですが、「坊っちゃん」を本当に読んだのかと疑問に思います。最後に辞職して東京に戻る際「この不浄な土地を離れた」とか言われてますよ?つか、本編でも生徒から嫌がらせを受けただの、何かと監視されてて鬱陶しいだのと、松山を褒める描写皆無ですよ?それでええんか?w

もっとも、松山がモデルなのかは本編で語られて無いので分かりませんが。
初稿では、坊っちゃんの赴任先が「四国辺」ではなく「中国辺の中学校」だったらしく、山口がモデルだとの説も有るようですな。



まぁ、楽しめたから何でもええんですけどね。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出来た。

2016/04/26 00:04
草履が欲しい瑠璃さんです。ちゃんとした所で買ったほうがいいんだろうなぁ。

今日は休みだったのでライフル型スリングショット1号機改改改…どのくらいだ?の試射に行ってきました。まぁ、いきなり機関部大破で2射しか出来ませんでしたが!


はい、懲りずにこの話題3回目。いい加減、私が飽きてきましたw


ではちまちま作ったグラフでも…

画像


あ、隼はおまけです。艦載機シリーズの中に何故か入れてしまいましたw


しかし、何と言いますか…F4Uコルセア、飛びますねー。もっとも、積んでるガソリンも半端じゃ無いですが。零戦二一型のみ米軍資料が見当たらず、日本資料なのですが、まぁ、問題無いでしょう。どうせ資料によって数字が違いますし。
後は全部米軍の調査資料です。
F6Fもあんまり航続距離伸びてない気がしますど、こいつあのティニー・ティムロケットと1200リットルのガソリン担いで2000キロ飛んできますからね。


米軍機の航続距離がえらい伸びてますが、これどうやら巷に出回ってる「最大航続距離」は機内のメインタンクのみで飛んだ場合のデータのようです。補助タンク込みのデータは何故かほとんど見られません。フル満タンにガソリン積んでない相手と比べても…ねぇ…?

ドロップタンクも色んな規格が有りまして、
F4Fは58ガロン、F6Fは100ガロンか150ガロン。F4Uは150ガロンか175ガロンを。零戦は320リットルか330リットルを使っていた様です。隼は200リットルみたいです。もっと小さい規格も有るかも?よく解りませんな。



色んな資料を見ると、単位を統一していない事の不自由さが身に沁みました。ガロンも英ガロンと米ガロンで違うし、マイルも何種類も有ります。おまけに米軍は戦争中期頃まで法定マイル (Statute mile)の資料が多いんですが、後期頃から国際海里 (International nautical mile)も使うので更にややこしく…
更には同じアメリカ側の資料でも数字が異なる事も多々あり、ホントに目安にでしかないんだと感じました。タンク容量ですら食い違うんですもの…


まぁ、この様に零戦は飛び抜けた航続距離を持っていた訳でも、米艦載機の行動範囲が狭かった訳でも無い。と言う事がお解り頂けたかと思います。

零戦、案外大したことないのね…。
次は…もうやらないかも。結構飽きてきましたんで。


ではでは



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


しつこく…

2016/04/23 00:24
英語資料とにらめっこの日々が続く瑠璃さんです。なんとなく読めるようになってきました。



さて、色々な資料を漁っているとデータが三者三様、様々な事がわかってきました。感想は「なんでやねん」ですな。

例えばF6F-3の場合、グラマン社の仕様書によると…

Normal   182ガロンで1100マイル
Overload 250ガロンで1500マイル

となってます。

この1500マイルがドロップタンク使用時の最大航続距離とするデータが多々有りましたが、Overload って補助タンクも併用した場合って意味ですよ?
そもそも、F6Fのドロップタンクの規格は100ガロンと150ガロンだったかと思いますが、(まぁ、私の知らない規格のタンクもあるでしょうけど…)そのどっちを足しても250ガロンにゃならんだろうて。そもそも機内タンク容量が全部で250ガロンだし。

あ、そう言えばこのドロップタンク、150ガロン×1の事が多かった、というよりほとんどが150一本装備の様なんですが、150×1 + 100×2 で飛んでる写真があったりするんですよね。で、詳細を探しても出てこなかったりします。
なんかもう、よく解りませんな。超長距離フェリーとかですかね?一体何キロ飛ぶ気なのか…。



で、気をとり直して、しつこくこの話題。



先述のF6Fが運用されだした1943年の日本海軍のの主力戦闘機と言えばあの「零式艦上戦闘機三二型」でしょう。
で、この子、かの二号零戦問題で有名ですが、増槽なしの場合…

零戦三二型  1487km
F6F-3      2414km

と、1000km近く差があったりします。さらに、この時期にはF4Uも飛び回りだしますので、こいつらを機内タンクのみの航続距離で比べると…
(※零戦二一型だけは日本資料です。申し訳ない…あとは米軍資料)

零戦二一型  2222km
零戦三二型  1487km
零戦五二型  1931km

F6F-3      2414km
F4U-1  2438km

と、色々な資料を漁ってもやっぱり日本機より飛ぶデータばっかり出てきます。

しっかし、燃料の表記一つ取っても、なかなか混乱させられましたよ。まさかF4Uのメーカーのレポートが「メインタンク75%」と「補助タンクもフル満タン」だとは…。



あ、当然ですが、どの資料についても言えますが、同じ機体でも計算値なのか、実測値なのか、または機体の個体差や試験日の気象条件、機体の使用状況、計器の誤差etc…で結果は大きく変わってきます。なのでここで書いてるデータも「参考」に過ぎない事をお断りしておきます。まぁ、所詮は物好きの机上の数字遊びですな。
間違ってもここのデータを盲信しないようにお願いしますね?もっとも、そんな暇人はそうそう居ないと思いますが。



次はグラフ化でもしてみるか。
ではでは。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛べ

2016/04/17 22:56
どうやらコーヒーに当たった瑠璃さんです。お腹痛い…
我ながら器用な事した物だと思います。


今日はミリタリーなお話。
ちょいとまた、WW2時代の戦闘機の航続距離やら何やらエンジンやらを調べて、各メーカーのレポートや米軍の調査レポートと格闘してました。

やっぱり零戦は大したことないです。
いや、零式艦上戦闘機って「米軍機に無い長大な航続距離」とやらが売りなんですけどね…
零戦二一型は機内タンクのみで2222km、増槽付けて3350kmってデータが有名です。確かに登場時は長大な航続距離ですよ。が、F6Fが出た時点で負けてるんですよね…
グラマン社のレポートによりますと、F6F-3の通常時の航続距離は高度12000フィートで1100マイル(1770.278km)です。どこが勝ってるのかって?F6Fにはシート下に75ガロンの補助タンクが有るのです。これも使うと1500マイル(2414.016km)も飛んじゃいます。
さらに、F4Uコルセアが出てくると完全に負けます。コルセアに補助タンクは有りませんが、機内タンクだけで2438kmを、ドロップタンクを付ければ3444kmを飛びます。

米軍機すげーな。

P51-Dに至っては機内タンク+補助タンク+ドロップタンクで3851kmとか飛びます。
余談ながら金星エンジン積んだ零戦五四型は驚きの850kmなどというちょっと何言ってるのか分からない航続距離を叩きだしてます。

エンジンの性能については言うまでもないですよね?


あー、あかん。こりゃ勝てんわ。


…眠いんでそろそろ寝ます。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


また改修

2016/04/13 22:50
桜撮りに行きたい!って思ってる間に殆ど散ってしまった瑠璃さんです。実は時間はあったwまぁ、なんぼかは撮れたんですけど。

あ、「単焦点のレンズが欲しいです」と師匠に言ってみたところ、気前よく1個頂けました。言ってみるもんですなぁ。今度は28mmの広角レンズです。




で、ライフル型スリングショット1号機。何度も改修を重ねてきましたが、今回オープン式に改修しました。
画像


長すぎるんです。全長が。
お陰でレール式だと上下のレール幅が安定しないんですね。なのでいっその事、レールを取り払ってオープン式にしてやれ。と言う事でやってみました。

途中に付いてる紐は鐙です。長すぎて先端に付けると引ききれないので、中途半端な位置に付けざるを得なかった訳です。
手持ちのピカニティーレールが短いのしか無かったので、スコープがおかしな付き方をしてますが、まぁ、問題無いでしょう。アルミのレールはスコープのガードです。


また試射して来ます。流石に室内でやる勇気はないです。借家だし。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


機関部

2016/03/21 19:01
愛機PENTAX K-50のレンズが欲しい瑠璃さんです。FA31mmF1.8AL Limitedが本気で欲しい。
今夏には「2周間ロングツーリングin北海道」に行けそうなので、その後ですな。
あ、師匠にお借りしていた望遠レンズは殆ど使われないままお返ししました。望遠って扱いにくくて嫌いなんですよね…




本題

なんだかんだでライフル型スリングショット(RSS)の機関部を考える機会がありましたので、この際独断と偏見でリストアップしてみるか。と言うことです。

2016/03/22追記
gifが動いてなかったので修正。
2017/1/22ちょっと修正。

まずは
画像

L型のフックに引っ掛けて保持し、トリガーを引くとフックが沈み込んで開放されるものです。パーツ数も少なく、かなり普及しているのものではないかと思います。
デメリットとしましては、フックの先端に負荷が集中しますので、あまり強力なゴムを使うと変形や破損により暴発しやすい。という事が挙げられます。フック部分の形状によってはポウチへの負荷も大きく、あまり強力なRSSには向かないかもしれません。


次に
画像

フレーム等に引っ掛けておいて、下から押し上げて開放するタイプです。
多少雑に作っても暴発の危険性が高くないのがポイントでしょうか?もっとも、勝手に滑り出ない様に工夫する必要がありますが…
この手の機関部は欧米ではちょくちょく見かけるのですが、日本ではほとんど見かけません。向こうは輪ゴム銃でもこのタイプの機関部である事がおおいので、その延長なのかもしれませんな。



画像

トリガー、シア、フックの3パーツで構成される(名前合ってる?)タイプのものです。
「前倒れ式」と呼ばれたりしてる機関部ですね。
最大のメリットは「トリガープルを軽く出来る」事と「トリガーの切れが良い」事が挙げられるかと思います。
デメリットは、それなりの工作精度が求められる事でしょうか。シアの掛かりが悪いとあっさり暴発します。



歴史があるのはこれじゃないでしょうか?
画像

要は「前倒れ式」と大差ないのですが、中世のクロスボウで採用されていた歴史ある機関部ですね。トリガーを引くのではなく、握って開放させるものもあったみたいです。まぁ、大差ないしね。



で…
画像

この手の挟み込んで保持。開いて開放。の機関部なんですが、すいません。このタイプの機関部はよく解りません。スリングショットのリリーサーとしても流通してるみたいなんですが…

でも、
画像


横に倒して…

画像

こうしたら…輪ゴム銃でお馴染みの「洗濯バサミ式」の機関部になりますねw
ちょっと違うか…

番外編
画像

シャークフィン式。RSSでこの手の機関部は見たこと無いですね。知らないだけ?
これも輪ゴム銃ではメジャーな方式です。


他にも色々ありますが、よく見かけるのはこんな所でしょうか?


さて、私も無い知恵絞って頑張りますか。今日はこの辺で。
ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

雑記?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる